top of page

Faith Group

Public·37 members

鹿島 浦和 28.10.2023


2023/06/03 — 連戦が続くなか、メンバーは血液検査など確認して直前に決定へ。 ... J1リーグ16節、浦和レッズのマチェイ・スコルジャ監督が6月2日、オンラインによる ...


2023/06/04 — 埼玉スタジアム2002では浦和レッズ対鹿島アントラーズが行なわれ、0-0で引き分けた。 序盤から両チームともインテンシティが高く、素早く攻守を ... 28(土) 14:00~ 鹿島 – 浦和 DAZN 第32節 11. 11(土) 15:00~ 鹿島 – 柏 第33節 11. 24(金) 19:00~ 川崎 – 鹿島 第34節 12. 3(日) 鹿島 – 横浜FC 【浦和戦放送予定】タップするとコンテンツが開きます ACL 第4節 11. 8(水) 浦項 – 浦和 11. 12(日) 浦和 – 神戸 11. 25(土) 浦和 – 福岡 第5節 11. 29(水) 浦和 – 武漢 札幌 – 浦和 第6節 12. 6(水) 21:00~ ハノイ – 浦和 DAZNの登録方法 【DMM×DAZNホーダイ登録手順】タップするとコンテンツが開きます 1. DMM×DAZNホーダイ公式サイトにアクセス 2. 「DMM×DAZNホーダイに登録する」をクリック 3. DMMアカウントにログイン(DMMアカウントを 持っていない方は 無料会員へ) 4. 鹿島vs浦和の見どころ(明治安田生命J1リーグ:2023年10 南側がホーム側になります。未就学児童は大人1名につき1名まで無料。席が必要な場合はチケット必要。車椅子での来場はチケット購入後問合せ先まで要連絡。 鹿島アントラーズ対浦和レッズ 試合結果、日程、対戦成績 2022/05/21 — 5月21日に行われた明治安田生命J1リーグ第14節で、浦和レッズの「30周年記念試合」として鹿島アントラーズを迎えた注目のカード。37144人が集まった ... 鹿島と浦和の両クラブに在籍した5人のサッカー選手2016/11/29 01:00 Image by Gettyimages いよいよ迫ってきた2016シーズンのJ1チャンピオンシップ。 今年の決勝のカードは、ファーストステージを制した年間勝点3位の鹿島アントラーズと、セカンドステージを制した年間勝点1位の浦和レッズによる一戦だ。 <span id="selection-marker-1" class="redactor-selection-marker"></span> 29日に行われる第1戦を前に、両チームに在籍した5人の選手を振り返ろう! 西部 洋平 / Yohei Nishibe 生年月日:1980/12/01 (35歳)所属クラブ:清水エスパルスポジション:GK鹿島での在籍:2003年浦和での在籍:1999 - 2003年 4シーズン過ごした川崎を離れ、今年古巣である清水へと復帰した西部洋平。正GKとして開幕から続けて6試合に出場していたが、第6節の熊本戦で負傷し、今シーズンの大半を棒に振った。1999年、帝京第三高等学校から浦和へと加入し、プロデビューも浦和で飾った。2003年には期限付き移籍で鹿島に移ったものの、出場機会は一度もなかった。 RELATED TOPICS 試合 / 試合・選手鹿島MF小笠原、プロ19年目で初めて直面している「データ」とは1998年にJリーグデビューを飾った小笠原満男は今季がプロ19年目。37歳になった現在も所... 6/4:浦和レッズ戦 実況生中継! vs 鹿島アントラーズ投稿日: 2023年5月20日 最終更新日時: 2023年5月20日 カテゴリー: 浦和レッズ戦 2023年6月4日(日)明治安田生命J1リーグ 第16節「 浦和レッズ 対 鹿島アントラーズ 」の開催に伴い、下記に編成変更となります。【 埼玉スタジアム2〇〇2・キックオフ 17:00 】 ◆RED A Live 2023 「 浦和レッズ 対 鹿島アントラーズ 」 実況生中継!! (協力) オートレント (高所作業車のレンタル&リース) なかちょバル (ラムチョップ・パエリア・ワイン絶品!) 藤岡防災設備 (地域に愛され50年) 白川舞台機構 (全国の主要な舞台装置) ・博愛社 オーロラホール (愛と感謝のお葬式) ・オリエントプランニング (許可業者として適切な処理の遵守とお客様のニーズに応えます) ・16:00~16:30 Come On REDS! 選手・監督の意気込みをたっぷりと! ・16:30~19:15 RED A Live 2023 勝利のために、渾身の力を込めて ・21:00~21:55 REDS After The Match 試合後のコメントをいち早くお届け! 休止: JP TOP20 / Premium G / ラジオキャンパス /Sound of Oasis ※感染予防対策・政府方針・状況等により変更となる場合がありますので予めご了承ください。 お持ちのスマホ・PCで「REDS WAVE」はどこでもお聴きいただけます! スマホの場合は「リスラジ(ListenRadio)」アプリをダウンロード! ◆選局→関東→REDS WAVE→プレイボタン ※FM放送と異なり、インターネット放送は実際の音声より1分程度遅れて聞こえます ◆番組へのメッセージは・・・メール mail@redswave. 鹿島アントラーズ-浦和レッズの感想|タケゴラスタメンはこんな感じ。4-3-3採用のワケ立ち上がりからお互いに準備してきた持ち味を発揮してゴールを狙う姿勢が鮮明に見えた試合となった。だが、お互いの懸念点としてあるのは能動的にボールを奪う力はそこまで持っていないこと。なので、お互いボールを持てば、センターライン付近まで持っていくことにはあまり苦労していなかった。鹿島は今節4-1-2-3の布陣を採用。岩政体制になって毎節のように布陣を変えているが、これは相手に合わせるというよりも、いかに自分たちの狙いを効率よくピッチで発揮できるかという側面にフォーカスしたように思われる。鹿島がずっと狙っているのは、いかに確実性を持って相手陣内に侵入していくか。ヴァイラー体制からの縦に速い攻撃は継続しつつも、そこにより確実性を持たせて、攻撃の成功回数を増やそうという意図が見られているのである。4-3-3布陣のメリットとしては、そこまで布陣を動かさなくても各々が求められている立ち位置に立てるので、選手個々の認知への負担を削れるということである。鹿島が攻撃の時に意識していたのは、常に菱形の形を作り出す立ち位置を取ること。組み立ての時はキーパーとアンカーを頂点に、脇をセンターバックが組む形でボールを前進させていき、相手陣内に侵入する時はインサイドハーフとウイングを頂点に大外をサイドバック、もう片方をインサイドハーフや比較的自由に振る舞う鈴木優磨が立つことで、複数のパスコースを確保し続け、ボール保持者の選択肢を増やす働きかけを続けていた。キーパーに沖を起用したのは将来的なことを見込んだのもあるだろうが、確実性を考えた時に組み立ての部分を重要視したと思われるし、選手たちの自由な振る舞いはある程度許容されているのでポジションチェンジは頻繁に行われていたが、ポジションが変わっても各々が求められた立ち位置に立つことはかなり徹底されていた。立ち位置がいいことは、守備にも好影響を与える。お互いが適切な距離感とポジションバランスを保てているため、万が一ボールを失っても危険なスペースを与えていることが少ないし、スムーズにボール奪取のフェーズに移ることができるからだ。ハイプレスは徐々に浦和が強度に馴れてきたこともあって控えめになっていたが、鹿島はボールを持たれていてもある程度自分たちのテンポで試合を進めることができていた。苦労した浦和と活かされたワンチャンス一方の浦和も序盤から持ち味を出そうとしていたが、好調時の流れをそのまま継続できていたとは言い難かった。序盤は鹿島のハイプレスに苦労しながらも、サイドに流れていたユンカーや松尾、関根の推進力を活かして速攻の機会を作り出していたし、ボールが持てるようになってからは岩尾を下ろして3枚で組み立てたり、サイドバックの宮本も参加させて4枚にしたりと、常に鹿島に対して数的優位を確保する形で、ボールを運ぶことができていた。だが、その先の相手のペナルティエリア付近まで持ち込んでチャンスを作ろうとしている部分では苦しむことが少なくなかった。理由としては、メンバーを入れ替えたため、そのメンバーの個性に合わせるような微調整が上手くいかなかった部分が大きいだろう。トップ下の小泉が下りてボールを引き出しても、そこにサポートがいかないため前に運べないし、小泉に代わって前線のパワーを担保する意味で前に出ていくことがACLでは多かった伊藤や最前線のユンカーのところまで中々ボールが渡らず、思うようにシュートまで持っていくことはかなり限られていた。だからこそ、30分の松尾のゴールは貴重なものであったし、鹿島としては食い止めたい失点ではあった。もっとも、守備の部分の整備が追いついていない鹿島にとって、ああも自陣深くまで運ばれてしまうと、ああいう失点のリスクは避けられない部分ではあるのだが。あのシーンで優秀だったのは幅を取るために裏抜けをして、鹿島の陣形を広げた小泉。あれで関根に中に入り込むスペースが生まれて崩されてしまった。鹿島はそこから後手の対応に回り、松尾へのパスを通した岩尾をフリーにしてしまったのが痛かった。ただ、岩尾のマークに付いていたのがCFであるはずの鈴木優磨だったので、その時点で守備陣形が崩されていたことは否めない。狙い通りの2ゴール鹿島としては、2点目のゴールはラッキーな部分もあるとはいえ、1点目のシーンは狙い通り、完璧だったと言えるだろう。1点目は16分、宮本がパスを引っ掛けたところから、鹿島の攻撃がスタート。左サイドから前進させると、樋口のアーリー気味のクロスをファーサイドでカイキが合わせてゲットした。樋口のボールが素晴らしいのはもちろんのこと、ファーサイドで合わせるというのが鹿島にとっては狙い通りだった。鹿島はこの日、サイドからのクロスは基本的にファーサイド狙い。理由としては空中戦に強いショルツと岩波の両センターバックとの勝負を避けて、サイドバックとの競り合いに持ち込むためだろう。このシーンも、岩波を鈴木優磨が、ショルツを仲間がニアに流れる動きで引っ張り出すことで、結果としてカイキと大畑のミスマッチを作り出すことができた。2点目は相手キーパーのミスに助けられた部分もあるが、沖のキック精度の高さと配置が上手く活きたと言えるだろう。浦和のプレスを沖のロングボールで回避しただけでなく、カイキと宮本の競り合いでカイキが競り勝つようなボールを送り込めたのが大きかったし、そこで拾ってカイキへのパスを出したのが鈴木優磨。この試合の3トップはCFの鈴木優磨が下がり気味でトップ下のように振る舞いつつも、CFらしく振る舞っていたのがウイングの仲間とカイキ。2人が中央寄りでプレーし続けることで相手のセンターバックを引き付けることで、鈴木がフリーでプレーできる状況を作り出し、ボランチとマッチアップさせることでそこでの優位性も作り出せていた。布陣変更に対応できなかった鹿島後半になると両者が布陣を変える。鹿島は4-4-2、浦和は5-3-2に布陣を変えた。後半開始時鹿島の意図としては、前半からかなりハイペースで試合に入っていたので後ろの人数を増やしてペース配分をしつつ、試合途中から機能しなくなっていたハイプレスを控えめにしていきたかったのだろう。一方の浦和としては、後ろの人数を確保することで鹿島の崩しの選択肢を限定化させ、また攻撃においては2トップでセンターバックをピン留めしながら、サイドはウイングバック、中央はインサイドハーフが立つように明確化させ、確実にボールを前進させたかったのだろう。鹿島としては、布陣を変えたことで前半のような立ち位置を意識したサッカーを続けるには、陣形を動かしながらもそれに対応していく必要がある。だが、この部分はまだ発展途上なのだろう。相手の状況を見ながら適切な立ち位置に立ってボールを運ぶプレーが前半より少なくなってしまい、結果的に前半よりボールを持てなくなったことで、鹿島はリズムを失ってしまった。特に、適切なポジショニングでボールを引き出すことのできる樋口がボランチから離れてしまうと、その影響は顕著になっていた。4-4-2になってからの鹿島のプランとしては浦和の攻撃をいなしながら、どこかでエヴェラウドを前線に投入して、カウンターでトドメを刺したかったのだろうが、結果として試合の主導権は浦和に渡ってしまった。その流れから69分にセットプレーから失点。セットプレーからの失点は3試合連続ということで嫌な流れは続いているが、今節は一番ニアをケアしていた広瀬のところに岩波が走り込み、そこのミスマッチを狙われており、岩政監督の言う通り改善するにしても早急な解決は難しい部分があるのかもしれない。それよりかは、そもそも押し込まれてセットプレーを与えてしまった状況を避けるようなアプローチが求められるだろう。Q. 6/4:浦和レッズ戦 実況生中継! vs 鹿島アントラーズ 2023/08/31 — 8月24日(木)に実施されたAFCチャンピオンズリーグ2023/24の抽選会(ドロー)の結果を受け、2023明治安田生命J1リーグ第31節 浦和レッズ戦の ... 浦和レッズ vs 鹿島アントラーズ 2022/09/03 — ACL圏内への浮上を目指すためこれ以上勝ち点を落とせない鹿島は前半16分、早い時間に先制点を奪うことに成功。左サイドでの組み立てから樋口裕太が右足で ... 鹿島アントラーズVS浦和レッズのテレビ放送・ネット中継予定【J1リーグ2023第31節】ツイート シェア はてブ 送る Pocket J1リーグ2023シーズンは第31節。 鹿島アントラーズはホームで浦和レッズと対戦。 注目の一戦を制するのはどちらになるのか。 今回は【J1リーグ2023第31節】鹿島アントラーズVS浦和レッズの日程、見どころ、テレビ放送・ネット中継予定について紹介します。 【J1リーグ2023第31節】鹿島アントラーズVS浦和レッズの日程 3位浦和と6位鹿島の一戦。 前節神戸に敗れた鹿島はこれで優勝の可能性が完全に消滅。 今季首位神戸と2位マリノスには4敗を喫し、悔しい戦いが続きましたが、3位浦和に勝って強豪の維持を見せたいところ。 一方、優勝の可能性を残す浦和は現在リーグ戦7試合無敗を継続中。 出場停止が明けるホセ・カンテと関川、植田のマッチアップに注目です。 【J1リーグ2023第31節】鹿島アントラーズVS浦和レッズのテレビ放送・ネット中継 鹿島VS浦和は地上波やNHK BS1、J SPORTSなどBS・CS各局での放送はありません。 DAZNの独占ライブ放送です。 DAZNはネット環境さえあれば、スマホ・パソコン・タブレットでどこでも視聴可能。 Amazon Fire stick TVやPS4などのゲーム機を利用したり、パソコンとテレビをHDMIケーブルで繋げばテレビでも見ることができます。 また、ライブ放送だけでなく、追っかけ視聴や試合終了後の見逃し配信、ハイライト配信など様々な方法で視聴を楽しめるのもDAZNの魅力です。 なお、DAZNは月額3, 700円(税込)ですが、今年の3月にスタートした「DMM×DAZNホーダイ」経由で登録すれば月額2, 980円(税込)で利用可能。 DAZNから直接契約するよりも720円お得に視聴できるだけでなく、DMM TVなどDMMのコンテンツや特典も利用できるようになるのでおすすめです。 DMM×DAZNホーダイの詳細はこちら ⇒DMM×DAZNホーダイ公式サイト DAZNの鹿島アントラーズ・浦和レッズ放送予定 【鹿島戦放送予定】タップするとコンテンツが開きます 大会 日時 対戦カード 放送予定 第31節 10. 対戦一覧[対戦成績] 浦和レッズ vs 鹿島アントラーズ 2023/06/05 — 「鹿島戦で浦和サポーターから暴力」川崎サポ名乗る人物の投稿に疑問噴出 浦和レッズは4日に行われた明治安田生命J1リーグ第16節で、鹿島アントラーズに ...


About

Welcome to the group! You can connect with other members, ge...

Members

Group Page: Groups_SingleGroup
bottom of page